同時に多数のカーセンサー会社のスタッフに出張査定予約を入れて、皆一様に車の査定をお願いする事を相見積もりと呼んでいます。



相見積もりをしてもらうと何が得かというと、査定士同士の価格競争によって査定額の引き上げを狙えることです。

中には相見積もりを依頼すると嫌悪感をあらわにする業者もいますが、嫌がらずに引き受けてくれる買取会社は実際に購入しようとする意欲が高いところで、業者同士の価格競争が激化することに期待が持てますね。

ちょっとでも中古車の査定額をアップするために有効な手段です。車の買取依頼をする時、その時期とか依頼する業者によっては数十万円の価格差がついてしまうこともあります。普段から車内の手入れや傷、凹みが付かないように心掛けることももちろんですが、少しでも高い値段で査定してもらうポイントは、いくつかの買取業者に依頼し、その価格比較をすることです。
いまどきの買取業者の多くは夕方であろうと夜であろうと無料で出張査定に来てくれます。暗い時間に査定するほうが昼に比べて車体のへこみや傷といったアラが見えにくいため、査定には有利であるという話も聞かれます。しかし、質の高いLED照明などが普及した現在では眉唾な話です。たしかに夕方以降や天気の悪い日には見にくいというのは事実ですから、担当者の不注意を誘発しやすいでしょうが、実際のところはそう甘くないかもしれません。こまめに洗車してワックスコートが充分な車なら、晴天の屋外の方が光沢があって新しく見えますし、天候次第で査定がコロコロ変わることはないと思っていいでしょう。

アセスメント額が満足でなければ、納得のできる価格、査定金額を出してくれる買い取りディーラーをみつけるまで出向いてのアセスメントを依頼できます。

でも、短くない期間に渡ってアセスメントばかり行ってもらっていると、その間に中古車の相場が低下してしまって、マイナスになる可能性もあります。インターネットなどで大体の相場を把握しておき、妥協するのが偉い選択かもしれません。

乗り換えで新車を購入するときは、ディーラーに下取りを依頼するのが一般的です。


ディーラーは「下取り価格は、勉強させていただきます」と言いますが、本当に1社の言い値で良いのでしょうか。

ディーラーとの付き合いもあるかもしれませんが、処分しようという車の年式や車種などによって下取りでないと価格がつかない車もあれば、買取で高く売れる場合もあります。



僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。



すると買取業者のほうが高かったのです。
あの下取り価格を提示したディーラーさん、ある意味ツワモノだと思いました。


2つの業者のうち片方は現金買取りと言うのも魅力でした。現金を持ってディーラーに行き、下取りなしで車を購入。



月々のローンを軽減することができました。

さすがにその時は、知らないと損をしているなあと思いました。いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法はおおまかに言って二つに分けられます。ひとつはカーディーラーで車を買い、同時に下取りとして査定してもらうことです。

もっとも手軽で足(車)がなくて不自由することはありませんが、一社だけという手軽さがアダになり、価格競争がないので当然ながら買値は安くなりがちです。
そうした下取りの欠点を補うのが中古カーセンサー業者に査定を依頼する方法です。複数の会社が競いあうことになり、下取りに出すのに比べて査定額は高くなりやすいです。



ネットを利用することで、車の査定の大体の相場が分かります。

いわゆる大手の中古車の買取を行っている業者のホームページで、車買取価格の相場を調べることができます。



相場を調べておくことで、安く売り過ぎてしまって損をすることはありませんので、事前にしっかりと確認をしておくようにしましょう。そうはいっても、車の状態次第で変化するため、相場の価格通りに確実に買い取ってもらえるとは限りません。


年式が非常に古く、見た目にも使用感のある車でも、中古車の専門業者に買取を頼めば、思った以上に高値が付くこともありえます。中でも、生産台数が限られている車などでしたら、コレクションの対象としての価値が加わってきます。マイナー車種が意外にも人気車種へ変身する可能性があるのですね。少しでも納得いく金額で売りに出したいなら複数の業者の査定を見て検討することが重要です。


それから、車種ごとの買取の相場をあらかじめWEBで調べておいてもいいでしょう。


日産車のデイズは、軽自動車のイメージを新しくしたとして評判の車種です。すぐれたデザイン、充実した装備、低燃費などが、デイズの特徴の主なものです。

アラウンドビューモニターを搭載することで、安全性をアップさせているのが魅かれるところです。
車の買取、査定をお願いする前に、車体にある傷は直す方がよいのか考えてしまうところですよね。



簡単にすぐ自分で直せる程度の小さい傷であるなら、直した方がよいでしょう。
しかし、自力で直せない大きな傷の場合は、修理に出さずに車の買取、査定をそのまま受けた方がよいのです。