買取業者に車の査定を出すのは気軽なもので、費用は一切かかりません。
しかし車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。中古屋の買取額とディーラーの下取額が同じであれば、査定手数料分だけ下取の方が損ということになります。
同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っているとしばしば起こりうる失敗です。


だからこそ、査定手数料が必要なのかどうか契約前にいま一度はっきりさせておきましょう。仮に有料だったとしても、事前交渉によっては無償にしてくれることもあります。
もし、中古の車を売却するなら考えておきたいのが、ネットなどを使って調べた金額です。



この車の価格が決まるときのありがちなトラブルの引き金です。ネット査定額で納得して業者を呼んで、見積もってもらうと、傷などの理由ではじめより、安い金額になることがよくあります。なので、実際に来てもらって査定するとしても何ヶ所かの業者を選ぶのがいいでしょう。



乗り換えで新車を購入するときは、ディーラーに下取りを依頼するのが一般的です。
下取りはすべておまかせですが、買取は査定に来てもらう手間があります。ディーラーとの付き合いもあるかもしれませんが、車種、中古車としての状態などによっても買取と下取り価格には大きな開きがあると思います。


私も下取りしてもらう予定でしたが、中古車業者が近所にできたので査定を依頼したところ、買取業者のほうが高かったんです。特に高額だった1社にきくと、ちょうどこの車を探しているお客さんがいるのだそうです。現金で即日で払ってくれるというので、その週のうちに契約を済ませ、ディーラーから車を購入しました。

下取りを断ったけれども悪い顔はされませんでしたよ。査定依頼してから支払いまでわずか5日です。このスピード感がいいですね。「そろそろ車を買い替えたい」という時、今乗っている車をどうするかはよく考えたいところで、手間暇を考えてディーラーに下取りに出したくなるかもしれませんが、それよりも買取業者に頼んだ方が、だいぶ金額的に得をするらしいということが、広く知れ渡ってきており、利用者は増加の一途を辿っています。


直接お店に足を運ばなくても、パソコン、スマホなどを利用してネット上で大体の査定額がわかるようになっています。



それが中古車を査定する専門サイト、すなわち車査定サイトです。
使い方ですが、メーカー、車種、年式、またサイトによってはある程度の個人情報などを入力するだけで、数分後入力されたデータと相場から引き出された、適正額がわかります。


中古車を売ってしまった後になって、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除を通達されることがたまにあります。万が一事故や故障などで修理した履歴があるのに隠していたのならば自分側が悪いと言えますが、見積もり時に確認ミスがあったからであれば売る側に何も責任は無いでしょう。


買取業者が一方的に契約解除や買取額の減額などを迫ってくるときには、最寄りの国民生活センターへ行って、車の売却でいざこざになっていると相談するとむやみに悩まなくても解決できます。ところで、車の年式や状態によっては、査定をしてもらってもお金にならない、なんてことがままあります。


希少価値や需要が少なく、さらに10年以上経っているものや10万キロ以上走っているもの、改造車や劣化の激しいもの、エンジンのかからない車や事故で大破したものは値段がつかないものが大半です。


買取業者によっては事故車や故障車に特化した業者がありますから、状態の悪い車の処分をお考えの方は専門の業者に連絡するのが正解です。「修理歴車」は通常、事故車と呼ばれていますが、中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう原因の一種になってしまうのです。でも、以前修理したことがあるすべての車が同じように修理歴車になるわけではないのです。ボディーの骨格相当部分に修理が施されていなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしても修理歴車という扱いを受けることはないのです。しかし、修理歴車という扱いは受けずとも、修理した痕跡がある車については査定時に減額されることが多いと覚えておきましょう。車を売却する時に必要なものの一つが、車検証です。
しかし、査定のみでいいなら、車検証不要で受ける事が可能です。
それは、査定だけなら契約にならないからです。



契約を結ぶ時点では、必ず車検証を持参する必要があります。
車検証が欠けると登録抹消や名義の書き換えが行えないのです。



中古車査定において、へこみやキズがある車は低い査定金額を提示されることがほとんどです。


だからといって、査定額がマイナスにならないように事前に個人でへこみやキズを直すことは勧められません。自分でキズやへこみを直したといっても、修理費用以上にグッと査定金額がアップするとは思えないからです。買取希望の車を自分で直すより、その中古車を引き取った後に、販売店の方で提携の修理業者にお願いした方が修理コストがかからないからというのが、査定額がアップしない理由です。
雨が降っている日や夜間に査定してもらうと、ちょっと査定額がアップするという噂があります。夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になってキズや汚れなどがあっても分かりづらくなるというのが夜間などに査定依頼すべきだとの根拠になっています。



しかしながら、そういったことで高く見積もりをするほど業者はスキルが不足しているわけではありません。
却って、もし見落としがあっても後で差し引き可能なように、一般の査定よりも査定額がちょっとダウンするかもしれないことを覚えておきましょう。