楽天車査定に関する質問をみてみると、「他人名義の車は売れるのか」というのが結構あります。
一家に車が一台と考えると、名義人以外が売却するのは「よくあること」と考えて良いでしょう。

名義が家族(同居・別居を問わず)や親族、それ以外の場合でも、家族でも他人でも一定の手続きを要しますが、名義人の印鑑証明、ならびに譲渡証明書(実印を押印)、売却を代理人に託す委任状(実印を押印)を揃えていただければ、代理人の方でも売却できます。
車の名義が金融会社になっているときは、売却できないため、査定を断られると思います。完済して名義変更してからなら売却可能です。
車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。



5万km超は多走行車といわれるあたりが減点対象ですが、10万を超えると過走行車となり、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。
かといって車の価値がゼロ円だのといったことではないので安心してください。中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むとパーツや部品ごとに細分化して見積りを行い、きちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。



二重査定制度は中古車を取扱う業者にとっては都合が良い制度ではありますが、利用者にはずいぶん不利なものです。


悪質業者にかかると、巧みに二重査定制度を利用して、査定額を大きく下げることもあります。


二重査定制度で発生する問題を防ぐためにも、契約時には事前に契約内容を明確に把握すること、査定時に正しく車の状態について伝えることが大切です。自賠責保険の契約をやめると残存期間に応じた契約金の戻り分があるのですが、車を売却する場合は買取する業者が名義の変更で対応するため、返戻金を手に入れることはできません。でも、その分は買取額を増やすことで考慮してもらえることが沢山あります。また、自動車任意保険の際は、保険会社に問い合わせをしてみて、返戻金をもらうようにしてください。
車の査定を受ける際は、どの業者を選ぶかが大事な点であることは間違いありません。査定額はどこの業者に出しても同じ額になるという訳では全くなく、しばしば、少しどころではない金額の違いが出てくるからなのです。



そういった事情がありますので、他の業者より、少しでも高い査定額をつけてくれる買い取り業者を探し出して利用しなければなりません。
そういった際にとても便利な「一括査定サイト」はご存じでしょうか。
利用すると、複数業者からまとめて査定額を出させることができるようになっています。車検を通らないような改造をしてある車でも、売却可能です。ただ、通常の買取会社では絶対に買取可能だとは言い切れず、あまり査定額がアップしないことを前もって知っておくとベターです。



このようなときには改造車に理解があって、独自の販売ルートを持っている改造車の専門店で買取りしてもらうとベストです。


状態によりけりですが、改造車でも査定額アップが望めるケースもあります。
車を買取業者に引き取ってもらう際、自動車税についても気をつけなくてはなりません。



もう支払ってしまった自動車税は月割りで返ってくることになりますが、買取価格の一部になっていることもあります。
他の買取業者と比べて、査定額が高く感じていたのに、現実には安かった、という結果にならないよう、自動車に関する税金をどのように処理するかはよく考える必要があります。



車の査定を受けるときには社外パーツを付けている車は一般的に価値が低くなってしまうので純正パーツを元しておいてください。ただし、正しいパーツに戻すのに工事費がかかるときは、付け加える金額よりも工賃の方が高くつくとなってしまうことも多いため元に戻さずに、そのまま買取申し込みしたほうが良いように感じます。車の買取には印鑑証明が必要になります。
取引には実印を使うので、実印登録している市役所、それか各所の出先機関で2枚用意しましょう。

近頃では証明書発行サービスを扱っているコンビニもありますし、役所によっては自動の機械ですぐに発行できる場合もあります。一つ注意するべきは、証明書は新しいもの、具体的には一ヶ月以内に発行したものを用いることです。



取得日付のあまり古いものは使用できません。


古い車を売却してから次の車が納入されるまでに時間的な差があるというのは珍しいことではありません。週末ドライバーならあまり気にならないかもしれませんが、仕事や通勤などで車が必須であればやはり代車手配ということになるでしょう。

実際、代車の手配はどこの買取り業者でもしてくれるわけではないので注意が必要です。

あとになって慌てないよう、一括査定を申し込む時に代車を条件に上げ、業者に確認しておきましょう。